キャッシングカードとクレジットカードの違いとは

キャッシングカードとクレジットカードは違います。ただし、クレジットカードにキャッシングの機能が付いているので、違いが分かりにくいという方もいるでしょう。
キャッシングカードとは、現金をATMから借りたり返済したりするためのカードです。民法の規定により、未成年は契約が無効となる場合があるので、原則として20歳以上の成人に達していない人は保有することができません。申し込みをする際には一定の審査が必要となり、金融機関によって、安定した収入のある方だけでなく、その配偶者も申し込みが可能になることがあります。
一方のクレジットカードは、主にショッピングの立替払いを目的としたカードとなります。クレジットの語句は信用を意味していて、カードを取得するには、発行会社からカードを保有するのにふさわしい人物か審査を受けてから可否が決められます。クレジットカードは発行会社の信頼に値する会員証ともなりますので、後日の分割払いやリボ払い、ボーナス一括払いなどの多様な支払い方法を使うことが出来ます。ネットショッピングやネットサービスの代金を決済する際には、クレジットカードのみとするサイトも多いです。
クレジットカードはキャッシングカードと違い、キャッシング限度枠はショッピング限度枠よりも小さくなることがほとんどです。まとまったお金借りるのであれば、カードローンに申し込む方がおすすめと言えるでしょう。
カードローンの返済を月ごとの返済にした時でも、繰り上げ返済をして早めに支払うこともできます。月々の返済はリボ払いによる返済方法になるので残高に付く利息の支払いが主になり、なかなか借入した元金が減りにくく、借入期間も長くなります。繰り上げ返済をすることで元金部分の支払いができるので、期間を短縮できますし、付く利息も少なくなるでしょう。
カードローンの繰り上げ返済は、ATMからお金を入金することで手続きが行えます。特に決まりがなければ、事前の通告をしなくても構わない所がほとんどです。なお、繰り上げ返済の中に期日返済の金額は含まれませんので、期日に支払うのを忘れないように気をつけてください。信販会社や消費者金融の場合は独自のATMを設置していることもあり、手数料無料でキャッシングの繰り上げ返済の手続きができる場合もあります。
カードが発行されない場合やATMまで行く機会がない場合は、期日返済と同時に銀行引き落としで繰り上げ返済をすることも可能です。キャッシングの相手先に電話連絡を入れるか、スマートフォンやパソコンで会員サイトに登録して、繰り上げ返済をする金額を指定します。ネットバンキングができる銀行であれば、その場で振り込みして繰り上げ返済をすることも可能な場合があります。